仕事

ポジションをゼロ

ポジションをゼロ

(公開: 2014年8月 8日 (金)

ノートPCの前でいつも上下しているマーケットを見ると、直ちに取引をしなくてはいけない衝動が生まれる場合も少なくないと思います。

 

でも、漠然とした衝動で注文することだけは避ける必要があります。

 

確かに、外国為替市場は24時間、常時どこかで外国為替相場がやっているしレートも休みなく上がったり下がったりします。

 

しかし、頻繁に売り買いをしているとその回数だけ損失を被る確率が上がります。

 

当然の事ながら、トレードの回数を積む事で、じょじょに勝つ可能性が五分五分になるのは事実。

 

しかしその事は「ぼんやりとした思いつきでエントリー」してしまうこととは話が異なります。

 

エントリー回数を増やすということは、自ら「ここで勝負」と考え付いた確信を得られた状態でのトレード回数を積むという事です。

 

ただ、絶え間なく売り買いを積み重ねるのとははっきりと違います。

 

相場の勝負に勝つためには己でよく考えてけじめをつけることが重要です。

 

「ここだ!」と思えた外国為替市場の時にはいっそのこと所有ポジションを多くして集中して利益を狙います。

 

「悩ましい相場で、どうなるか思いつかないな」と思い至った時は、思い切って所有ポジションをクローズして何もしません。

 

このぐらいのメリハリをつける方が最後に売買は儲けられます。

 

マーケットの金言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

為替とは、常に売買ポジションを保持する事が全部ではなく、どれも保有せずじっとしていることも場面によっては取引です。

 

それならば、どういった時に休めばよいのだろうか。

 

ひとつめは、前に述べたように、今の外国為替相場が明確によく見えない時。

 

現状から高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時はヘタに動くと、自身で作ったシナリオとは逆の方向に市場が変化してしまい損する事になってしまいます。

 

そのため、こうした状況ではポジションを0にしてそのまま何もしないで見ているだけがいいだろう。

 

2番目に、自身の体調があまりよくない時です。

 

体の調子とFX市場に関係しないと感じる投資家もいるでしょうが意外に関係がある。

 

体調がよくなければ外国為替相場の判断しなければいけないところで必要不可欠な決定をする事が難しくなります。

 

やる気がわかない時は、トレードから距離を置くことも大事なことだ。