2014年8月

CAC化粧品の事を調べる

CAC化粧品の事を調べる

(公開: 2014年8月12日 (火))

最近、よく友達と化粧品の事が話題になります。

何を使っているのかとか、聞いているのですが、

CAC化粧品の話題が良く出てきます。

 

そんなに良いなら、試しに使ってみたいと思いました。

ネットで調べるといろいろと情報が載っていて、興味を持ちました。

 

気になるのが、自分に合うかどうかですが、

こればっかりは使ってみないと分からないです。

 

でも、結構、多くの人が良いと言っているのを聞くと、

大丈夫なのかなと思っています。

試してみたいです。

 

参照:people-illustration.com/material/trainingschool/l_02.gif


ポジションをゼロ

ポジションをゼロ

(公開: 2014年8月 8日 (金))

ノートPCの前でいつも上下しているマーケットを見ると、直ちに取引をしなくてはいけない衝動が生まれる場合も少なくないと思います。

 

でも、漠然とした衝動で注文することだけは避ける必要があります。

 

確かに、外国為替市場は24時間、常時どこかで外国為替相場がやっているしレートも休みなく上がったり下がったりします。

 

しかし、頻繁に売り買いをしているとその回数だけ損失を被る確率が上がります。

 

当然の事ながら、トレードの回数を積む事で、じょじょに勝つ可能性が五分五分になるのは事実。

 

しかしその事は「ぼんやりとした思いつきでエントリー」してしまうこととは話が異なります。

 

エントリー回数を増やすということは、自ら「ここで勝負」と考え付いた確信を得られた状態でのトレード回数を積むという事です。

 

ただ、絶え間なく売り買いを積み重ねるのとははっきりと違います。

 

相場の勝負に勝つためには己でよく考えてけじめをつけることが重要です。

 

「ここだ!」と思えた外国為替市場の時にはいっそのこと所有ポジションを多くして集中して利益を狙います。

 

「悩ましい相場で、どうなるか思いつかないな」と思い至った時は、思い切って所有ポジションをクローズして何もしません。

 

このぐらいのメリハリをつける方が最後に売買は儲けられます。

 

マーケットの金言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

為替とは、常に売買ポジションを保持する事が全部ではなく、どれも保有せずじっとしていることも場面によっては取引です。

 

それならば、どういった時に休めばよいのだろうか。

 

ひとつめは、前に述べたように、今の外国為替相場が明確によく見えない時。

 

現状から高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時はヘタに動くと、自身で作ったシナリオとは逆の方向に市場が変化してしまい損する事になってしまいます。

 

そのため、こうした状況ではポジションを0にしてそのまま何もしないで見ているだけがいいだろう。

 

2番目に、自身の体調があまりよくない時です。

 

体の調子とFX市場に関係しないと感じる投資家もいるでしょうが意外に関係がある。

 

体調がよくなければ外国為替相場の判断しなければいけないところで必要不可欠な決定をする事が難しくなります。

 

やる気がわかない時は、トレードから距離を置くことも大事なことだ。

 


三連休の過ごし方

三連休の過ごし方

(公開: 2014年8月 4日 (月))

この三連休をどうすごそうか考えて、そうだ山歩きをしていみようと思いました。 格好よく言うとトレッキングです。お菓子を買って、麦茶を買って さあ明日出発するだけだという時、テレビで天気予報がやっていました。 なんと、不安定な天候で急な落雷や豪雨に注意とのこと 山登りのベテランならともかく、私は初心者中の初心者。 去年一回だけトレッキングをしただけなのです。 装備も急な豪雨に対応できるようなものではなく 泣く泣く断念することになりました。 まだこれからも山登りのシーズンなので トレッキングのチャンスは常に伺っていきたいと思います。 その前に、まずはトレッキングの装備を揃えに行きたいなと思います。 近所の複合商業施設に、トレッキング専門店が入っています。 去年のトレッキングの前にもそこでリュックや帽子、ズボン (半ズボンにもできる優れもの)、ジャンパーなどを買いました。 結構な値段になりますが、もしもの時の避難アイテムにもなるので 高くない買い物だと思います。 ネイル資格検定3級の難易度 つぎの連休はまずはショッピングです 笑